はばかりなんす

感想ブログ。不定期更新。ゆっくり希望。

HONEBONE「13」

13

13

Amazonのアルバム売り上げランキングの上の方にあったものの中で、気になって買ってみたのがこちら。
ホネボーンっていう、シャレの効いたバンド名に惹かれました。

さてまあ、こういう音楽にも「ネタバレ」という概念は適用した方が良いのかもしれません。どんなものであれ人の楽しみを無闇に奪うようなレビューにならないように気を付けます。というのもこのアルバムはとても面白いのでついついネタバレしたくなるかもしれないのです。

という訳であまり内容には触れず適当に表面を追っていきたいと思います。

まず、ボーカルがとても明るくさわやかな声で気持ちが良いです。
声が高く通る男性かと思っていましたが、実は女性でした。

HONEBONEのアルバムのジャケットを見ると毎回個性的美人な女性の顔が写っていますが、ボーカルと結びつかないのでこのバンド専属のモデルさんなのかなと思っていました。が、実はこの女性がボーカルでした、というのがまず驚きですね。EMILYさんと言うそうです。

まあ歌詞の内容が特に性別関係なさそうなので、そこはどうでも良い要素なのかもしれません。
「話盛っちゃった終わりだもう」というのは特に女性特有の失敗という訳でもない気がします。
良くあると言わざるを得ません。

男性のKAWAGUCHIさんがギター伴奏で、ほぼそれ以外の楽器の音は聴こえない状態でEMILYさんの歌だけなのですが、そうとは思えないほど音に厚み、リズム感があり、相当歌も演奏も上手いと思いますね。

とにかく歌詞の内容に癖があり、本人曰く「売れろ、売れてくれ、頼む〜〜」とのことですが、ファンの大半も「これは、売れないだろ〜〜自分は好きだけど」と思っているのではないでしょうか……。でもAmazonランキングでは上の方だったので実はけっこう売れているのかもしれませんね。

実家住まいの救世主でもあり、このバンドの曲を流しているところに親が突然ノックもせずに部屋に入ってきても「なにか?」という感じで落ち着いて対応できます。ネガティブな要素を多く持つ歌詞であるのに曲調からはそう感じさせないので良いです。

[追記:2019-07-07]
曲について書くのを忘れちゃったので追記します。
01 - 13
02 - サラバ!
03 - やっちゃった
04 - 東横戦争
05 - がんじがらめ
06 - 汚れた場所でも
07 - オムニマッ
08 - 赤ちょうちん
09 - いてえじゃねえか

02と05が良いです。
03と06たまに入るシャウトっぽいところが好き。